八重の故郷巡り旅 会津観光 会津山の神DVD
<材木山峠> 
大内宿
会津観光 
蕎麦屋一代
 ◆豆腐職人
 信夫温泉旅
 ●蕎麦美人
 裏磐梯高原
レイクサイド磐光
 演劇
 ●恵比寿座座
 トレッキング
そば屋 
◆ おもてなし
 ◆手造り食彩



お城の石垣「鶴ヶ城の由縁」

■1589年(天正17年)、蘆名氏と連年戦いを繰り返していた伊達政宗は豊臣秀吉の制止を無視して蘆名義広を攻め、蘆名氏を滅ぼし黒川城を手にした。しかし、政宗は1590年(天正18年)に秀吉に臣従し会津を召し上げられた。

近世の城郭
■これに代わって黒川城に入ったのは蒲生氏郷で、1592年(文禄元年)より大大名に相応しい近世城郭に改造し、城下町を整備した。
氏郷は、町の名を黒川から「若松」へと改め、蒲生群流の縄張りによる城作りを行った。なお「若松」の名は、出身地の日野城(中野城)に近い馬見岡綿向神社(現在の滋賀県蒲生郡日野町村井にある神社、蒲生氏の氏神)の参道周辺にあった「若松の杜」に由来し、同じく領土であった松坂の「松」という一文字もこの松に由来すると言われている。



■1593年(文禄2年)、望楼型7重(5重5階地下2階とも、また7重には「何段にも重なる」の意味もある)の天守が竣工し、名は「鶴ヶ城」に改められた。近年の発掘調査で蒲生時代の石垣の基底部が確認され、鐙瓦(軒丸瓦)、宇瓦(軒平瓦)、鬼瓦の一部に金箔が貼られたものが出土している
 「損傷した若松城(会津戦争降伏後に撮影)
■1643年(寛永20年)、加藤明成は改易され、出羽国山形より3代将軍徳川家光の庶弟である保科正之が23万石で入封。以後、明治維新まで会津松平家(保科氏から改名)の居城となった。
1868年(慶応4年)、戊辰戦争の際には会津戦争にて、会津勢の立て篭もる若松城は1か月の間持ちこたえ、板垣退助勢に、薩摩の援軍の助けをかりても遂に城は落ちなかったが、その後開城された。戦後、天守を含む多くの建造物の傷みは激しく、その後も放置されたまま破却を迎えている。




<城内までの石垣参道>

会津鶴ヶ城

<飯盛山参道>

とらぞう宴舞台
BACK観光マップ じゃらん宿泊のご予約はこちらから ●楽天トラベル宿泊プラン

会津猪苗代稲川酒造

会津手打ち蕎麦

<鶴ヶ城前宮泉酒造>
昔からの酒造り歴史を
垣間見る事ができます。


  

秋の磐梯吾妻スカイライン 会津猪苗代観光 哀愁の只見川架橋
春木屋ラーメン 南部蝉しぐれ会津編浜路しぶき氷街道