福島ガサガサ隊が行く。猪苗代湖を半年掛けてグルッと旅をしましたよ。
ワンダフル猪苗代湖  猪苗代ガサガサ隊の田植 ガサガサ隊プロフィール。 
「KFB福島放送。新番組」

<猪苗代湖ガサガサ隊が行く。ロケ番外編>
ガサガサ隊
◆ガサガサ隊に加わって、早三年目となりました。
声高らかに、何処もかしこも目前の環境問題ばかりが叫ばれている昨今だけど、我々ガサガサ隊は面白おかしく川遊びとザッコ達を紹介しています。
<そう感じている方も、居るんじゃないかと思います。>

しかしながら、私達の理念はじっくりと時間を掛けながら、楽しい川遊びを通じて川の中の生き物達のメッセージを伝えて行きたいんです。お父さんお母さんに、子供の頃遊んだ故郷の川辺を思い出して頂きたいのです。そして、子供を連れて川面に接して欲しいのです。
生命の共存。そこからは、環境を直視する理性と感覚。環境への新たな取り組みが必然と発生するのではないでしょうか。
賢さんは、俳優業の傍ら全国の子供達と川辺で触れ合うことを楽しみにしています。


スタジオ
<KFB 福島放送スーパーjチャンネル>

◆昨年までガサガサ隊員だった池田速人キャスターと、大久保尚子アナウンサーがスタジオから応援してくれる事になった。その助っ人として、新メンバーとして飯野君が加わってくれました。

いつも陽気な賢さんと、郡山の妖怪ヨシ爺。 ガサ入れ娘の若菜ちゃんも、オンナを捨てて涙ぐましくヤブに突進して頑張っている。飯野君は、どちらかと言うと優しくザッコ達を見守っているという感じだ。
◆どう見ても纏まりそうも無いメンバーだが、ガサガサに夢中になると意気投合してしまう不思議な仲間だ!
「今回お世話になった佐藤さんご一家」
マセ作り
◆TVロケでは、地元の方達に協力を得なければ全く進みません。今回は、舟津川の傍に住み何代も受け継がれてマセを守りつづけてきた佐藤さんご一家に、大変お世話になりました。
今年は、雨が少なく照りも無く例年に無い不漁でした。出水が少ないために、ウグイが遡上してこないのです。私達のロケが近づくと、何故か天気が荒れて雨が降るジンクスがあるんですよ。今回ばかりは、ロケ前日にありがたい雨となりました。

◆当日、真っ先に聞きました!ウグイの姿は、見えますか。少しばかりの雨だったが、ウグイが遡上していますよ。佐藤さんのその言葉に、スタッフ全員が安堵した。今回のテーマは、「アカハラの遡上」だったからです。

◆水中の産卵シーンは、これまで見たことも無い感動もんでした。無数のオスの中にメスが入り込むと、武器となる追い星をかざしてオス達が入り荒れて格闘する。オンナを巡る?すばらしい画像でした。これらの水中カメラ機材は、全てが賢さんのハンドシステム(手作り)だったんです。


河畔ライブ
「賢さんの河畔ライブ」

◆河原で炭火を起こして、ウグイの塩焼き。
佐藤さんの奥さんに手ほどきを受けた若菜ちゃんのアカハラの天ぷら。
美味しかったですねェ〜!

◆ロケの状況に合わせて、炭お越しから食事の準備まで
佐藤さん一家が準備してくれたんですよ。本当に、有難うございました。

Menw BACK
 郡山そば打ち職人
ルームガーデニング 北海の男」  春木屋ラーメン  会津猪苗代観光   津軽じょんがら 南部蝉しぐれ   出前カラオケ
   
  猪苗代会津山の神 蕎麦の龍?  津吹みゆ「望郷恋歌」  津吹みゆ会津山の神  猪苗代蕎麦風景 「中田観音」  ソーセージ造り